メディオスターが肌へのダメージが少ない理由

メディオスターは新しく登場した脱毛方法の1つですが、特徴の1つとして肌へのダメージがとても少ないという点があります。従来のレーザー脱毛の場合ですが、毛根に高熱を照射することで毛根を破壊する脱毛方法になります。レーザーの照射時間もながく光熱を当てることで、肌へのダメージが大きく赤くなることもありました。ですがメディオスターの場合は、ダメージを与える部分が毛根ではなくバジル領域と呼ばれる場所であり光熱の照射は行いません。毛を再生させる機能のあるバジル領域にたいし、ゆっくりとじわじわ熱を加えていく蓄熱式で破壊していきます。熱を加えつつ同時に冷却効果の高いクーリングシステムが作動することで皮膚の温度は抑えられ毛の温度だけを上昇させてバジル領域が破壊されます。照射時間も短くすむので、肌への負担は殆どないと言ってようほど肌の負担は小さく抑えることができます。

メディオスターは日焼けをしていても大丈夫

医療クリニックで脱毛を行う場合は、殆どの場合光脱毛やレーザー脱毛になります。レーザー脱毛の場合は脱毛方法の仕組みによって、日焼けをしている黒い肌や肌が黒ずんでいる部分などの脱毛は行えませんでした。黒い色に反射するレーザー光熱を使用するため、日焼けした黒い肌に光熱が反応し肌へのダメージが大きく火傷につながる可能性が大きかったためです。ですが新しく登場したメディオスターと呼ばれる脱毛方法の場合は、日焼けをしている人や肌が黒ずんでいる部分でも脱毛が可能です。脱毛を行う仕組み自体が黒い色に反応させ毛根を破壊する光熱照射ではなく、毛を再生させる機能のあるバルジ領域を蓄熱式で破壊するため黒い色に反応するわけではありません。そのため日焼けをしている人や肌が黒ずんでいる部分でも、火傷の心配をせずに脱毛の施術を受けることができます。

メディオスターは白髪や産毛でもしっかり脱毛

脱毛する毛の状態は人によって様々ですが、太くて濃い毛や細くて薄い産毛に白髪などがあります。従来の医療クリニックで行われているレーザー脱毛の場合は、仕組みとして黒い色の毛根に反応する光熱レーザーを照射して破壊します。黒い毛であれば問題なく脱毛できましたが、色が白い白髪や色が薄い産毛などには光熱自体が反応せず脱毛は難しい状態でした。ですがメディオスターの場合は黒い色に反応する光熱を使用するわけではないので、白髪や産毛でも脱毛が可能です。脱毛の仕組みとして色に関係なく、毛を再生させる働きのあるバルジ領域をじわじわ熱を加えて破壊を行う方法になります。なので今まで白髪などで脱毛できなかった部分や、産毛で脱毛しにくかった部分なども綺麗に脱毛が行えます。肌へのダメージもとても少なく施術回数も少なくて済むので、メディオスターを利用した脱毛方法はおすすめです。