メディオスターの脱毛メカニズム

医療クリニックで行う脱毛方法は、従来は光脱毛やレーザー脱毛が主流となります。毛根に直接ダメージを与えて破壊することで脱毛を行います。ただしこの方法では期間がかかり痛みや肌へのダメージなどがありました。ですが新しく登場したメディオスターは、根本的に脱毛のメカニズムが異なる方法になります。まず毛根ではなく毛根を再生させる働きのあるバジル領域と呼ばれる部分を破壊する方法になります。バジル領域のある周辺を狙って毛をゆっくり加熱し、じわじわと蓄熱式でバジル領域を破壊していきます。一度の脱毛処理で広範囲の施術を行うことができ、レーザー脱毛のように黒い色に反応させるわけではないので日焼けをしている人や色が黒い部分でも問題なく脱毛が行えます。肌への負担はとても軽いうえ、数回の施術で効果が発揮されるのでとてもおすすめな脱毛方法です。

メディオスターは痛みが小さいのが特徴

最近の医療クリニックで施術を受けることができる脱毛方法として、メディオスターがあります。今までの脱毛方法として主流だったレーザー脱毛と比べて大きな違いは、施術を受ける際の痛みがかなり小さいという点です。レーザー脱毛の場合は黒色に反応するレーザーを使用し、毛根に光熱を照射して熱破壊させる仕組みです。そのため施術の際には多少痛みを感じることが多く、脱毛箇所によっては強い痛みを感じる人も多くいました。メディオスターの場合は毛根ではなく、毛の再生を行うバジル領域自体を破壊して毛が再生しないようにする仕組みになります。毛根を狙ってダメージを与えるのではなくバジル領域をじわじわと熱を加えて破壊していくため、光熱を与える必要のない脱毛が行えます。そのため痛みがとても小さく抑えることができ、人によっては無痛に感じるほど痛みを軽減させた脱毛方法です。

メディオスターの施術回数が少ない理由について

最新の脱毛方法として注目されているのが、メディオスターと呼ばれる脱毛方法になります。従来のレーザー脱毛などに比べて痛みなどが小さく施術回数が少ないのが特徴です。ではなぜメディオスターの施術は回数が少なく済むのかについてですが、脱毛事態の仕組み自体に関係しています。レーザー脱毛の場合は光熱を使用して毛根を破壊する方法になります。一度破壊しても毛根は再生し生えてくるので、毛周期に合わせて1ヶ月から1ヶ月半ほどの間隔をあけて施術を行う必要があります。また完全に脱毛するまでに最低6回以上施術を行う必要があり、回数は多く期間も長くなります。メディオスターの場合は、毛根を再生させる働きのあるバジル領域と呼ばれる部分を蓄熱式で破壊します。一度破壊することで毛が再生されなくなるので施術回数が少なく、また毛周期は関係ないため期間も短く脱毛完了させることができるからです。